• トップページ >
  • リハビリテーション
  • リハビリテーション

    当院のリハビリテーションセンターは、一貫したリハビリテーションサービス(予防~急性期~回復期~維持期に至る全般)により、地域包括ケアを目指しています。

    リハビリテーション

    理学療法・作業療法・言語聴覚療法・専門スタッフについて

    専門的リハビリテーション

    呼吸器、心臓、がんのリハビリテーションについて

    地域リハビリテーション

    出張リハビリ健康教室

    健康増進センターくましろ

    一般の方や患者さんを対象にした健康増進施設

    対象とする方々は…

    脳卒中後片麻痺(半身麻痺)、頭部外傷後遺症、高次能機能障害、脊髄損傷、神経筋疾患、末梢神経障害、慢性関節リウマチなどの骨関節疾患、慢性腰痛、四肢奇形または切断、脳性麻痺、小児神経疾患、慢性呼吸不全、リンパ浮腫など

    次のような症状を扱っています
  • 手足に麻痺や不自由がある
  • 歩くことが出来ない
  • 食事、更衣、トイレ動作など身の回りの動作がうまくできない
  • 手の麻痺のために箸が使えない、字が書けない
  • 関節の痛み、変形、可動域制限がある
  • 筋力が低下し、動きが悪くなった
  • 持続する腰痛のために日常生活に支障がある
  • 食べ物が飲み込みづらい、よくむせる
  • 息切れのために長く歩けない、活動が制限されている
  • 手術後のリンパ浮腫のために手足がむくんでいる
  • その他各種のご相談
  • 上肢装具、下肢装具、車椅子、座位保持装置などを作りたい
  • 義肢(義手・義足)を作りたい
  • 手すりの設置など家屋改修について
  • 介護保険について
  • 予防を含めたリハビリや運動について
  • 継続的リハビリや運動について
  • リハビリテーション

    充実したリハビリテーション専門スタッフ

    当院リハビリテーションセンターは、専任医師が常駐するほか、非常勤の専門医師2名が勤務し、患者さんやリハビリテーションスタッフらにとって充実した環境が整っています。 発症直後から医療的リハビリテーションを開始し、廃用症候群を予防しています。

    呼吸・心臓血管心不全等に対する専門的なリハビリテーションのほか、和音療法や音楽療法等にも取り組んでいます。

    回復期リハビリテーション病棟では充分なリハビリテーションスタッフを配属し、麻痺や骨折等機能障害に対するリハビリテーションと在宅生活に戻るための実践的なリハビリテーションを行います。

    療養病床(維持期)では、複数の専従セラピストによるリハビリテーションを施行、短期入所(ショートステイ)は、レスパイトにとどまらず、短期集中したリハビリテーションの場となっています。

    外来リハビリテーションでは退院後の継続的な医療措置リハビリテーションや慢性期(痛み)疾患等に対して電気治療や鍼灸を組み合わせて対応しています。

    状態が落ち着きリハビリを終了された方々には、健康増進センターでトレーナーから助言や指導を受けながら健康維持・予防運動もしていただいています。

    訪問リハビリテーションは多くの専門家を専従配属し、退院直後の生活基盤調整等在宅生活に密着し、地域に根差した理学・作業療法を行っています。言語聴覚士による訪問(摂食嚥下や発語訓練)は当センターの特色の1つです。

    海外研修制度として、多くのスタッフがデンマーク等で学び、さまざまなリハビリテーションサービスに取り入れています。研修学会等も推奨し、充実した教育環境の中、よりよいリハビリテーションサービスが提供できる体制が整っています。

    常勤リハビリテーション認定医 1名
    非常勤リハビリテーション専門医 1名
    理学療法士(PT) 22名
    作業療法士(OT) 21名
    言語聴覚士(ST) 9名
    音楽療法士(MT) 1名
    健康運動指導士 1名
    56名(平成29年2月現在)

    充実したリハビリテーション専門スタッフ

    多種多様なニーズが含まれる「在宅生活」「社会復帰」を軸とした包括的な広義のリハビリテーションにお応えしています。

    狭義のリハビリテーション(理学療法・作業療法・言語聴覚療法)ばかりではなく、鍼灸師、運動指導士、音楽療法士、装具士、多種多様の医療スタッフが繋がりを持ちながら連携し、身近な face to face の関係をつくり出し、カンファランスを通じて出来るだけ早期適時のリハビリ介入を図ります。

    専門的リハビリテーション

    呼吸器リハビリテーション

    慢性呼吸器疾患(COPD)や肺炎等呼吸器疾患をもち、呼吸ができにくい方に対して、専門または認定を受けた理学療法士等が呼吸器疾患専門のリハビリ(胸郭体幹の機能改善や息苦しさ軽減や排痰等)を提供します。

    心臓(心大血管)リハビリテーション

    心筋梗塞、心不全などの心血管疾患の患者さんに対し、理学療法士が低下した心機能向上のための訓練を行います。

    心拍数等を確認しながら、一人ひとりに適した安全なリハビリを行います。

    血行促進や血管内皮機能の向上のための和温療法も取り入れています。

    がんリハビリテーション

    がんのリハビリテーションという言葉はあまり聞きなれないかもしれませんが、病気の進行度がどのような段階にあっても精神面を含めた「予防的」「回復的」「維持的」「緩和的」の4つのリハビリを、状態に合わせて受けることにより、治療後の回復力やQOLが高まり、早期の社会復帰や心身の緩和につながります。

    がんのリハビリテーションには、がん医療全般の知識や運動麻痺、摂食・嚥下紹介、浮腫、呼吸障害、骨折、切断、精神心理などの障害に対する専門的な知識や技術が必要です。

    がん治療の進歩とともに障害の軽減や生活能力の改善を目的としたリハビリテーションの介入が求められており、講習認定会で専門知識を得たスタッフが対応します。

    多種多様なリハビリテーション

    摂食嚥下(飲み込み)のリハビリ

    脳卒中後遺症や加齢等に伴う機能障害で「飲み込み」が悪くなった方々へ言語聴覚士が院内外(訪問リハビリ)での治療訓練を施します。

    また専門的な検査(VF)を適時行い、裏付けしながらアプローチします。

    和温療法

    部屋を電気で60℃の低温サウナのように温め、1回の治療で15分間、患者さんに入ってもらいます。

    血圧心拍負担が軽く、血行を良くするため、心不全などに効果があります。

    鍼灸・マッサージ

    腰痛はじめ急性慢性の各痛み等に対して鍼灸師により針治療やマッサージを行います。

    物理療法(電気、牽引治療等)

    各種急性、慢性期の痛みや精神的な緩和作用等に対して、各種の電気治療機器や牽引治療機器で対応し、リハビリテーション治療訓練や針治療と併用しても行っています。

    音楽療法

    専門の音楽療法士の指導のもと、歌唱、観賞、演奏、音楽に合わせた動作などを通して、個人またはグループの身体機能の促進、記憶刺激、心身のリラックス、QOLの向上などを目指します。

    また、リハビリスタッフと協力し、歩行訓練のモチベーションの向上や歩行距離の伸張を目標に、各動作に合わせた音楽やリズムを提供しています。

    高次脳機能障害のリハビリテーション

    記憶・注意能力や思考過程などが傷害される様々な症状の総称です。言葉や物事認識・理解力の低下などが起こります。脳卒中や脳腫瘍、頭部外傷、低酸素脳症、パーキンソン病、神経の変性疾患などにより引き起こされる可能性があります。

    これらの無数にある障害の像を様々な検査(テストバッテリー)を通して評価し、その方の正確な障害像を把握することから始めます。そのうえで、日常生活動作上大きな問題となるものを中心に治療訓練を行います。

    地域リハビリテーションの実践(リハビリ教室)

    複数の地域公民館で「リハビリ教室」を主催しています。

    リハビリ専門スタッフが出向き、「予防的なリハビリ」「講話」「相談事業」を展開し、地域の「人・環境・制度・モノ」を巻き込みながら、地域と医療福祉の橋渡しとつながりも兼ねてリハビリテーションサービスを提供しています。

    地域活動

    ヨンモク・クラブ

    当院では2004年から毎年『ヨンモク・クラブ』という健康教室を開催しています。『ヨンモク・クラブ』の名前は、毎月第4木曜日に行われることに由来しています。

    毎年ひとつのテーマをあげ、多職種の専門スタッフがそれぞれの知識を活かして、楽しくわかりやすくお話しなどをしています。

    地域への予防医療として当院の患者さんに関わらず、どなたでも参加していただける教室で、毎回40~50人程度の方にご参加いただいており、地域に根づいていると感じています。

    昼食は現在の病院食を知って頂けるように患者さんとほぼ同じ献立にしています。運動は、参加者に合わせて無理なく適度に行ない、音楽では音楽療法士が関わり輪唱や合唱などを行っています。開催期間は3月から11月までです。

    ●場所:神代病院 多目的ホール

    ●時間:12:00~14:15 ※昼食後、講話や運動、合唱などを行います

    ●内容

    1. 医師、看護師らによる健康維持に役立つ講和
    2. 管理栄養士による生活習慣病を予防する食事
    3. 健康運動指導士による家庭でもできる運動の実践
    4. 音楽療法士のピアノ伴奏に合わせた合唱

    ●参加料:昼食代として、毎回500円いただいています

    ●参加の申込:当院を受診していなくても、健康に関心のある方ならどなたでもご参加できます。

    ご興味のある方は 0942-78-3177 担当:佐々木までご連絡下さい

    今までのテーマ
    2007年 「からだと脳の若返り」 2008年 「こころとからだのバランス教室」
    2009年 「からだと脳の若返りパート2」 2010年 「記憶力を高めよう」
    2011年 「学べる教室」 2012年 「自分にやさしくできる健康教室」
    2013年 「自分にチャレンジ!!」 2014年 「自宅でヨンモク
    ~学んだことを生活に取り入れましょう~」
    2015年 「元気にヨンモク
    ~今日の力が明日につながる~」
    2016年 「みんなで作ろう 元気の輪!」
    2017年

    「原点に帰ろう
    ~脳・心・体のバランス美人~」

     

    リハビリ教室

    2005年4月から、地域リハビリテーションの一環として、地元公民館で「リハビリ健康教室」を実施し、予防的リハビリ等を行っています。

    現在、乙吉丸、大城の2カ所の公民館へ、月1~2回出向き、リハビリ体操や音楽療法、運動・健康に関する助言指導等、また時々にゲストとして医療、介護保険での専門家を呼び、講話を交えて、地元の方々と身近にふれあい、予防的リハビリ、地域リハビリを行っています。

     

    介護者教室

    訪問ステーションでは年3回、介護者教室を開催しています。

    家庭で介護をされている方や、介護の勉強をしたい方への学習の場を設け、参加者の方への分かりやすい講義と実技指導を通して、家庭でのよりよい介護方法を知っていただく事を目的としています。

    健康増進センターくましろ

    運動を通じて健康づくりを安全かつ適切に指導できる施設として、運動指導を行う厚生労働大臣認定の健康増進施設です。

    身体機能の改善や維持、退院後の職場復帰などを円滑に行えるよう筋力トレーニングや有酸素運動を行います。

    指導するのは専門の健康運動指導士。個々人の目標や体力に合わせてプログラムをつくり支援しています。

    生活習慣病対策として、糖尿病、高血圧症、脂質異常症(高脂血症)の方へ運動療法を行っています。必要に応じて、栄養・保健・服薬・運動の各専門のスタッフ(管理栄養士、保健師、薬剤師、運動指導士)が生活習慣の指導を行います。

    場所
    〒830-1101 福岡県久留米市中川900-1 神代病院 2階
    電話
    0942-78-3177
    開館時間
    月~金 8:30~18:30 土 8:30~13:00 日曜・祝祭日 休館
    利用料
    ・一般会員  月会費 3240円 ※初回のみ検査料が必要です(保険適用になります)
    ・1日会員  2時間  324円 ※初回のみ検査料が必要です(保険適用になります)
    ・プール会員 1時間  324円
    ・生活習慣病指導管理料(医療保険適応の場合)
    効果
    1.血圧を下げる
    2.筋力強化
    3.コレステロール値を下げる
    4.中性脂肪血を下げる
    5.基礎代謝量を上げる
    適度な運動を続けることで、生活習慣病の予防になり、メタボリックシンドロームや脳梗塞、心筋梗塞を防ぎます。
    設置マシン
    ・有酸素運動 ウオーキング、自転車こぎ、乗馬マシンなど
    ・筋力トレーニング 全身の筋肉を鍛える各種マシンを揃えています
    Copyright © KUMASHIRO HOSPITAL. All Rights Reserved.