• トップページ >
  • 病院指標
  • 病院指標

    (平成29年10月1日更新)

    平成28年度神代病院 DPCデータを用いた病院指標

     

    DPCとは、急性期入院医療を対象とした包括評価制度のことです。 入院について医療資源を最も投入した傷病名、手術・処置等の組み合わせにより「診断群分類」が決まり、1日の包括点数が定められています。

    病院指標とは、病院のさまざまな機能や診療の状況などを具体的に数値化し示したものです。

    病院指標を評価し、分析することによって医療の質の向上を図っていきます。

    この病院指標はDPC制度に基づいた入院のデータから算出しております。

    28年度(平成28年4月1日~平成29年3月31日)までに退院された患者さんが対象で、自動車賠償責任保険や労災保険、 自費等の患者さんは含めません。また、入院後、24時間以内に死亡した患者さんは集計対象外です。

    病院指標(DPC指標)は、ニッセイ情報テクノロジー株式会社の「MEDI-TARGET」を使用し作成しております。

     

    病院指標の項目
    1. 1)年齢階級別退院患者数
    2. 2)診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
    3. 3)初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
    4. 4)成人市中肺炎の重症度別患者数等
    5. 5)脳梗塞のICD10別患者数等
    6. 6)診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
    7. 7)その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

    1)年齢階級別退院患者数

     

    年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
    患者数 13 25 69 125 261 122

     

    当院を平成27年4月1日~平成28年3月31日に退院された患者さんの年齢階級別(10歳刻み)患者数です。

    10代は3名、20代は9名、40代は9名の退院となっておりますが患者数が10名未満の為、(-)で表示しております。

    全退院患者数636名で、退院患者総数に占める60歳以上の割合は約91%で70歳以上の割合は80%となっています。

    平均年齢は78歳と地域社会の高齢化を反映しています。

    ▲病院指標の項目へ

    2)診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)


    ■内科

    DPCコード DPC名称

    患者数

    平均
    在院日数
    (自院)
    平均
    在院日数
    (全国)
    転院率 平均年齢 患者用パス
    040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 26 51.31 21.25 3.85 85.42  
    050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 11 27.18 17.95 0.00 88.45  
    0400801499x003 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 10 23.40 17.43 0.00 87.40  
    110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 12.43  
    0400801499x002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 15.29  

    内科の全患者数は215名です。

    尿路感染症での退院患者数は、7名ですが10名未満の患者数の為(-)で表示しております。

    地域の高齢化に伴い誤嚥性肺炎や細菌性肺炎の入院が多くなっております。

    ■外科

    DPCコード DPC名称

    患者数

    平均
    在院日数
    (自院)
    平均
    在院日数
    (全国)
    転院率 平均年齢 患者用パス
    040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 14 56.21 21.25 0.00 83.36  
    010061xxxxx0xx 一過性脳虚血発作 手術・処置等2-なし 6.38  
    110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 12.43  
    050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 17.95  
    080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 11.97  

    外科の全患者数は194名です。

    一過性脳虚血発作などでの退院患者数は、9名ですが10名未満の患者数の為(-)で表示しております。

    ■整形外科

    DPCコード DPC名称

    患者数

    平均
    在院日数
    (自院)
    平均
    在院日数
    (全国)
    転院率 平均年齢 患者用パス
    160800xx99xx0x 股関節大腿近位骨折 手術なし 副傷病なし 15.97  
    160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 20.57  
    160400xx99x0xx 胸郭・横隔膜損傷 手術なし 手術・処置等2-なし 9.25  
    160610xx99xxxx 四肢筋腱損傷 手術なし 12.91  
    160820xx99xxxx 膝関節周辺骨折・脱臼 手術なし 21.33  

    整形外科の全患者数は52名です。

    大腿骨転子部骨折などでの患者数は8名ですが10名未満の患者数の為(-)で表示しております。

    ■リハビリテーション科

    DPCコード DPC名称

    患者数

    平均
    在院日数
    (自院)
    平均
    在院日数
    (全国)
    転院率 平均年齢 患者用パス
    160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 20.57  
    160800xx99xx0x 股関節大腿近位骨折 手術なし 副傷病なし 15.97  
    160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 27.63  
    160610xx99xxxx 四肢筋腱損傷 手術なし 12.91  
    160980xx99x0xx 骨盤損傷 手術なし 手術・処置等2-なし 20.45  

    リハビリテーション科の全患者数は55名です。回復期リハビリテーション病棟に直接入院された方は対象外となっております。

    大腿骨転子部骨折での退院患者数は9名、大腿骨頚部骨折などでの患者数は4名ですが10名未満の患者数の為(-)で表示しております。

    ■胃腸科 (消化器内科)

    DPCコード DPC名称

    患者数

    平均
    在院日数
    (自院)
    平均
    在院日数
    (全国)
    転院率 平均年齢 患者用パス
    130090xx97x0xx 貧血(その他) 手術あり 手術・処置等2-なし 11.25  
    060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 7.44  
    060040xx97000x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 14.54  
    060335xx99x00x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 11.00  
    040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 21.25  

    胃腸科(消化器内科)の全患者数は79名です。

    出血性貧血などでの退院患者数は5名、消化管出血などでの患者数は5名、直腸癌などでの患者数は3名ですが10名未満の患者数の為(-)で表示しております。

    ■救急医学科 (救急科)

    DPCコード DPC名称

    患者数

    平均
    在院日数
    (自院)
    平均
    在院日数
    (全国)
    転院率 平均年齢 患者用パス
    160200xx9700xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) その他の手術あり 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 6.46  
    0400801499x013 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病あり 20.10  
    160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 20.57  
    050050xx99000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 6.75  
    060130xx02000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 内視鏡的消化管止血術等 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 9.40  

    救急科の全患者数は5名です。

    顔面挫創での退院患者数は1名、急性肺炎での退院患者数は1名、胸椎圧迫骨折などでの退院患者数は1名ですが10名未満の患者数の為(-)で表示しております。

    ▲病院指標の項目へ

    3)初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

     

      初発 再発 病期分類 基準(※) 版数

    Stage I Stage II StageⅢ StageⅣ 不明
    胃癌           1 6
    大腸癌       1 6
    乳癌             1 6
    肺癌           1 6
    肝癌           1 6

    ※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

    5大がんについて、初発患者の病期分類による延べ患者数、再発患者の延べ患者数を示しています。

    当院にて、がんの診断、初回治療を行った場合を「初発」として病期分類ごとに集計し、初回治療以降の継続治療を行った場合を「再発」として集計しています。

    がんの病期分類は、がんがどれくらい進行しているかという進行度を意味しており、Stage0からⅣまでありStageⅣが最も進行していることになります。

    大腸癌で初発のStageⅢの患者数は3名、StageⅣの患者数は2名、再発の患者数は5名、肺癌でStage「不明」の患者数は1名となり、肝癌で再発の患者数は3名となっています。また、肝癌の再発の患者数は5名となっております。これらは、10名未満の患者数の為(-)で表示しております。

    ▲病院指標の項目へ

    4)成人市中肺炎の重症度別患者数等

     

      患者数 平均在院日数 平均年齢
    軽症 14 17.71 81.21
    中等症 39 56.28 81.74
    重症
    超重症
    不明

    入院のきっかけとなった病名及び最も医療資源を投入した傷病名が肺炎、急性気管支炎、などであって市中肺炎(入院後に発症した肺炎は除く)の患者さんが対象となります。 入院時の状態から重症度を決定し、重症度ごとに患者数、平均在院日数、平均年齢を示しています。

    重症度3の患者数は7名、重症度4の患者数は1名となっております。これらは、10名未満の患者数の為(ー)で表示しております。 また、平均年齢も80歳となっており高齢の患者さんが大半をしめます。 

    ▲病院指標の項目へ

    5)脳梗塞のICD10別患者数等

     

    ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
    G45$
    一過性脳虚血発作及び関連症候群
    3日以内 12 10 76.58 0.00
    その他        
    G46$
    脳血管疾患における脳の血管(性)症候群
    3日以内        
    その他        
    I63$
    脳梗塞
    3日以内 17 75.82 81.76 0.00
    その他
    I65$
    脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの
    3日以内
    その他        
    I66$
    脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの
    3日以内        
    その他        
    I675
    もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症>
    3日以内        
    その他        
    I679
    脳血管疾患,詳細不明
    3日以内        
    その他        

    「ICD-10」とは、WHOによって公表された分類で疾病および関連保健問題の国際統計分類です。医療資源を最も投入した傷病名が脳梗塞の患者さんを対象として、発症から入院までの日数別に患者数や平均在院日数、平均年齢、転院率を示しています。脳梗塞にて発症後3日以降に入院された患者さんは4名で平均年齢85歳となっております。これらは、10名未満の患者数の為(ー)で表示しております。リハビリテーションは脳梗塞の合併症・後遺症を防ぐために非常に重要です。当院の回復期リハビリテーション病棟においてしっかりとリハビリテーションを行っております。また、退院後も外来にて継続的にリハビリテーションを行ったり、訪問リハビリテーションにて在宅生活に密着し、地域に根差した理学・作業療法を行っています。

    ▲病院指標の項目へ

    6)診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)


    ■内科

    Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
    K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) - - - - - -
    K0461 骨折観血的手術(大腿) - - - - - -

    内科での手術件数は4件です。

    内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術を行った患者数は3名、骨折観血的手術(大腿)を行った患者数は1名ですが10名未満の患者数の為(ー)で表示しております。  

    ■外科

    Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
    K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 13 2.23 4.54 0.00 71.62  
    K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む)  
    K0911 陥入爪手術(簡単)  
    K0843 四肢切断術(指)  
    K0463 骨折観血的手術(膝蓋骨)  

    外科での手術件数は26件です。

    内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術を行った患者数は13名、胃瘻造設術を行った患者数は4名、陥入爪手術を行った患者数は2名、四肢切断術を行った患者は1名、骨折観血的手術(膝蓋骨)を行った患者は1名ですが10名未満の患者数の為(-)で表示しております。  

    ■整形外科

    Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
    K6072 血管結紮術(その他) - - - - - -
    K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(下腿) - - - - - -
    K0461 骨折観血的手術(大腿) - - - - - -
    K0482 骨内異物(挿入物を含む)除去術(上腕) - - - - - -

    整形外科での手術件数は4件です。

    血管結紮術(その他)を行った患者数は1名、骨内異物(挿入物を含む)除去術(下腿)を行った患者数は1名、骨折観血的手術(大腿)を行った患者数は1名、骨内異物(挿入物を含む)除去術(上腕)を行った患者数は1名ですが10名未満の患者数の為(-)で表示しております。

    ■リハビリテーション科

    Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
    K0461 骨折観血的手術(大腿) - - - - - -
    K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - - - - - -
    K0843 四肢切断術(指) - - - - - -

    一般病棟で手術を行い、回復期リハビリテーション病棟へ転棟した患者さんもリハビリテーション科に含まれます。リハビリテーション科での手術件数は6件です。 

    ■胃腸科 (消化器内科)

    Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
    K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 14 1.64 1.50 0.00 68.14  
    K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 - - - - -  
    K697-31ロ 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(2cm以内)(その他) - - - - -  
    K6181 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(四肢) - - - - -  
    K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -  

    胃腸科(消化器内科)での手術件数は22件です。胸水・腹水濾過濃縮再静注法を行った患者数は4名、肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法を行った患者数は2名、中心静脈注射用植込型カテーテル設置(四肢)を行った患者数は1名、内視鏡的消化管止血術を行った患者数は1名ですが10名未満の患者数の為(-)で表示しております。

    ■救急医学科

    Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
    K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -  

    救急科での手術件数は1件です。内視鏡的消化管止血術を行った患者数は1名ですが10名未満の患者数の為(-)で表示しております。

    ▲病院指標の項目へ

    7)その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

     

    DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
    130100
    播種性血管内凝固症候群
    同一 - -
    異なる    
    180010
    敗血症
    同一    
    異なる    
    180035
    その他の真菌感染症
    同一    
    異なる    
    180040
    手術・処置等の合併症
    同一 - -
    異なる - -

    医療資源を最も投入した病名と入院のきっかけとなった病名が同一かそれ以外かで件数を集計しております。敗血症の症例数は2件、その他の真菌感染症は1件となっていますが、10名未満の患者数の為(ー)で表示しております。その他の真菌感染症は「左上腕骨内顆骨折の術後の二次感染」でした。

    なお、発生率(%)は各集計項目ごとの患者数/全退院患者数(629名)で算出しております。

    ▲病院指標の項目へ

    Copyright © KUMASHIRO HOSPITAL. All Rights Reserved.